スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝沢演舞城20084月24日1部 第一幕 

24日は初めて桟敷席に入ったの
靴を脱いで、掘りごたつになってて机もあってお茶も付いてて最高のお席だったよ
ただちょっと目立つのが恥ずかしい
さえぎるものが何もなく花道が見えるから、とっても見やすくて楽しめたよ~
また是非入りたいな~

お弁当付きだったんだけど
3段になってて
 
お弁当


中身はこれ
  お弁当2


でも食べる時間が足りなくて大変だった

開演前にはサクラもなかアイスも食べたよ~
食べにくかったけどとっても美味しかった~写真撮るの忘れた~

今回ね、なんかとっても忙しくて大変だったの
開場に入る前に、ミホちゃんとちいかと原宿でお買い物して、
それからお城に行ってグッズを買うために並んで、でも開演までに買えない事が分かったからあきらめて
大福が美味しいって聞いてたから買おうと思ってたのに、どうやら数量限定みたいで売り切れで買えず
朝から何も食べてなかったからとりあえずアイスを買ったら食べにくくて時間がかかり(笑)
幕間にお弁当も食べなきゃいけないんだけど、サクラ吹雪が掃除機で吸い取られてたから
あわてて拾いに行ってゲット(3人分ねっ
そしてお席で3人でアーダコーダ楽しいおしゃべりしてるうちに30分があっという間に終わっちゃって。

終演後にグッズ買おうと思ったらまたまたすごい列で不安になったけど、でもどうにか購入
買ったのはたいぴフォト9枚、悪宏光1枚、山亮2枚、ポストカード、パンフ、ポスターだよ
お友達のフォトも買って大満足~

全然時間がない中、終演後じゅんなとも合流して、またおしゃべり
でも興奮してなにからしゃべったらいいのか分からなかったよ
今でも、第二幕のたいぴをどう表現していいのか分からない…もう素敵すぎて
いつも舞台は1回しか見れないけど、その1回でも心に残る素敵な舞台を見せてくれた演舞城に、とっても感謝してるよ~

舞台も素敵で、お友達にも会えてとっても楽しかった


そして帰りの飛行機の出発が1時間も遅れたのよ~
どうやら次の日のオリンピックの聖火の輸送のため、滑走路が混雑してたのと
機材のトラブルのため。
こんなに遅れるんだったらもっとお友達と居たかったよ
飛行機の中で待たされたせいで、お城のパンフ全部読んじゃった
持ってて良かったわ
このお城のパンフが1冊の本みたいなしっかりした作りで、サイズも小さくて便利
たいぴソロもいっぱいだし、殿がたいぴについていろいろ語ってたり、ジュニア4人と殿の対談もあったりで、とっても盛りだくさん
みんなのプロ意識が読めて胸がいっぱいになったり、相変わらず殿にラブなたいぴが可愛かったり
このパンフを読むと、お城に出演した全員が大好きになってしまうよ~
早くDVDになって欲しいな
撮影が入ってもDVD化されないことって普通にあるもんね。
あと1年後に発売とか(笑)遅いわっっ





ではでは続きにネタバレ含む感想を書いてます
嫌な人は見ないでね


第一幕
春の踊り~いにしえ


後藤君のバイオリンで始まります
もう演舞独特の空気がとっても素敵~
フミトのソロダンスも素敵
今年も森光子さんのナレーションでした
このナレーションでお城の幕が開く感じだよね~
「春の踊りは よ~いやさ~~

そしてここからガシガシ踊るたいぴが登場
今年はキスマイで固まってるんじゃなくて、エビキスの4人だからとっても見易いよ~~
途中から殿がフライングで出てくるんだけど
相変わらずたいぴしか見てません
扇を使って綺麗に舞ってるの。かっこいい~~
この「いにしえ」の曲、大好きなの~~~
演舞のDVDで何回も聞いて、ダンスもいっぱい見たから、あの振り付け同じだ~って発見して嬉しかったよ
たいぴ、めっちゃかっこいいの
この時のたいぴはホストみたいな容姿ですごい好み~~~
MADも殿のフライングのお手伝いしたり踊ったり大忙し
ダンスのレベルが高くてすごく舞台栄えするね~

口上 

宏光「白虎隊はここにいるジャニーズジュニアと同じ年齢。残念ながら僕は22歳という年齢の関係で白虎隊に入ることが出来ませんでした。論外だってさお父さん、お母さん、もうちょっと遅く産んで欲しかった。今日も頑張ります。北山宏光。」

とっつー「人が成長するっていうのはとっても速く。急行、特急、超とっつー戸塚祥太」

ふみと「かわいいかわいい、河合ふけと。あっ、河合ふみと」

たいぴ「白虎隊ドラマに出演しました、一藤二ガヤ、三太輔。藤ヶ谷太輔」

こっしー「料理の味付けはシンプルに。塩かコショウかどうしようかこうしようか越岡裕貴」

辰巳「ね~うしとらう~たつみ~。辰巳雄大」

伊藤くん「純粋の純にすけべぇのべえと書いて純平。伊藤純平」

山亮「山ちゃん事、山亮こと、亮ちゃんこと、もう好きに呼んで下さい。山本亮太」



殿の挨拶があって、そしてチビのシャボン玉
ちびっ子みんな、殿にタメ口です(笑)
「タッキー、やってみてよ。」「タッキー、上手いね」
そしてタッキーを翼くんって呼ぶ安井君。
チビっこの演技がちょっと苦手。
中身あってこそのジャニーズだからね。いくら可愛くてもね。
頑張ってるのは分かるけど、まだまだだね~~。



白虎隊

藤ヶ谷じいさんが出てきた(笑)
すごく大きいお爺さん
出てきたときに1回顔を上げただけで、あとはずっと背中を丸めて下を向いてたの。
だからあんまりお爺さんの顔見れなかったよ。残念

ここは去年もすごかったけど、今年はすごい迫力だった~
M.A.D.さんたちの叫び声に迫力があって、感情がすごく伝わってきたよ
山亮は上手にいたから遠かったけど、でも死ぬ時もかっこよかった
とっつーが最後に兄上(タッキー)に介錯されるの。
去年は光だったけど、とっつーもかなり良かった~~

宏光、紫のヅラ似合ってるよ~でも表情がちょっとイケメンじゃない(笑)
台詞は去年と同じだよね?でも言い回しがすごく上手くなっててびっくりしたぁ~~

変面~MASK

ここってほとんど宏光がやってたんだね~
去年は全然気がつかなかったけど、今年は入れ替わるところがはっきり見えた
宏光とMADのコンビネーションがすごい
とにかく全てが秒単位で動いてるから、1秒でも狂っちゃうとズタズタになっちゃう場面
宏光は仮面を被っててずっと前を見ながら動作。
だから宏光が手を後ろに持っていったときに、MADがさっと傘を渡して宏光はぱっと横に傘を広げたり
、それをまたサイドの女性に渡してまた手を後ろに持っていって…の繰り返しで、ほんとにすごい
そしてマスクを取る寸前にタッキーと入れ替わってすごすぎる~


星のしずく
あんまり覚えてない~~
たいぴのバック転は見逃しました
DVDの演舞でたいぴが曲がるバック転をしてたんだけど、スローで見てたら、よく曲がる側転だった(笑)
あの時はたいぴだけバック転出来てなかったのかな?
側転後のポーズは、いかにもバック転しましたよ!的な俺様ポーズだったから関心しちゃったよ


安珍清姫
これめっちゃ怖かったお化けさんも怖いし、音響も怖いし、清姫の首が取れたり、途中で大蛇が花道から現れて大騒ぎなの(笑)
女の執念って怖いわぁ~~

滝の白糸
語りはとっつー
水を操る殿が、最後水を止められてしまって、でも水芸をやめることなく、自分の手首を切ってその血で芸を続けるっていう滝の白糸。
血って生々しくて迫力あるけど、実はもっとすごい血が後半にあったんだよ~
ここはまだ序の口だね~

滝沢歌舞伎
 弁天娘女男白浪

殿が舞台上で白塗り
とっつーが解説してくれるんだけど、とっつーのしゃべり方、すごく分かり易い

LOVE(withLOVE)の曲に乗って踊る綺麗どころ5人衆山亮、大我、藤間くん、あと2人。
花道から出てきて、ほんとに綺麗~歌ってるのは大我かな?
高くて綺麗な声~
山亮はすぐ分かった~みんな男の子って分かってたけど、踊りもしなやかに踊ってて、見てて楽しかった~
花道での会話も超~乙女でかわいいの
浜松や?っていうお店の生地が素敵だ!!って会話するの。
「ちりめんも欲しいわいな~」「春の新作?桜のやつ?かわいいわよね~。もうどんだけ~~」って(笑)

 さぎ娘
5人衆がお店に入って、大我の生地を選ぶの。誰かがしゃべる度に、「そうじゃそうじゃ」って5人で言う台詞がほんとかわいい~
お店の人はMADの2人がやってたんだけど、子芝居が上手くて笑っちゃったよ~
5人衆の匂いかいだりして、どんな時も細かい演技して楽しませてくれてたよ~
こっそり大我が生地を着物の袂に入れて盗むの。
テンポのいい会話で、ポンポンとあっちこっちから台詞が飛んできては、ある場面で揃った台詞もあって、みんなの息が合わないと絶対に成り立たない場面だよ~
ここに大我が入ってるのがすごい!!中学生がこれをやるってすごいな~稽古大変だったんだろうなぁ~。でもとっても楽しくて素敵な仕上がりになってるよ。
盗んだ物もばれて、大我の腕の桜吹雪も見つかって男だってばれちゃうんだけど、1人ずつ着物を肌蹴させて男らしい肉体を見せていくのが萌え~
顔はお化粧もしてるしカツラも被ってて女の子なんだけど、体はばりばり筋肉質で面白いの
山亮は俺は男だ!!って上半身脱いでバック宙するんだよ~すご~い
流れ的に全員男だって分かるはずなのに、一人ずつ男だってばらす度に「お前もか~」ってびっくりしてるMADさん達が可笑しい
そして5人衆のきめ台詞けっこう長めの台詞を一人ひとりが言うんだけど、みんな堂々としててすごいな~

たいぴは全然出番無いけど、山亮がかわいくて楽しませてもらったよ~


 やぐらのお七

殿がやぐらに上がってる下で、殿の着物の長~いすそを一生懸命お世話してるMADさんたちを見てました


 執着獅子



 忠臣蔵
悪宏光が登場もう声が悪の声だよ
花道を通る時は逆光だったりして顔の表情が見えなかったりするんだけど、宏光は最後にニヤって笑うところがあって、そこはばっちり見えてかっこよかった
殿が天井近くから落下するアクションもあるよ見てるほうが怖い

 五条大橋 義経と弁慶

今年は橋が縦に登場そして手前に牛若、向こうに弁慶
弁慶「その身のこなし、凛々しいお姿。あなた様はどなた様でござりまする」
そしてとっつーの語りがあって、「俺の名は三郎」「我が名は弁慶、武蔵坊弁慶」「私の名は…牛若」
この場面、なんかゾクゾクしちゃうの~。
運命の義経と弁慶の出会いの場面だもんね~
第一幕はこれで終わりだけど、余韻を残してくれてすごく良い



どこだったか忘れた

たいぴが火消しの棒を持って花道で踊ってた
花道にはすっごく近くの席だったけど、たいぴのお尻側だったの(笑)
近くでたいぴを見れることだけで幸せだけど、逆光でまぶしかったよ
藤北が踊ってるのがとっても嬉しい

山亮のゲタップがめっちゃかっこよかった
ソロのゲタップも上手で踊ってて、見とれちゃったよ
体は小さいけど動きはやわらかくて軽くて大きいすご~い



第二幕
 義経 悲話

長くなっちゃったからまた次回書きます
二幕はたいぴがすごかった
もう感動でいっぱいだったもん


読んでくださってありがとうございました
拍手くださった方、ありがとうございます。
とっても励みになってます
拍手コメントにはお返事してますので時々チェックしてね~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。